家を紹介する男性

外壁塗装は見積内容で注意が必要

一軒家

マイホーム購入後から10年ほど経過すると外壁の劣化が目立ってきます。多くの方は、外壁材の交換ではなく、外壁塗装によりメンテナンスを検討すると思います。
外壁塗装をする際で気になるのは、見積金額です。地元の専門業者やインターネットでの一括見積依頼どちらも、見積書の確認ポイントがあります。
先ず、塗料のランクです。『安い塗料を使用していないか?』、『外壁塗装用の塗料か?』など確認してください。現在は塗料メーカーの情報を簡単に調べることが出来ます。次に、塗装回数です。塗装回数は3回塗りが基本です。それ以下の回数はNGです。また、下地処理および塗装内容が細かく記載されているかです。経費削減のため、下地処理をしない業者がいたりします。また、現地確認の上、見積書に細かい補修および塗装内容が網羅されているかが重要です。施工途中で『あれこれ追加費用』が発生する可能性があります。気付いたら非常に高額な請求をされる場合があります。
そして、最大のポイントが外壁塗装の面積です。一括見積の場合、大体の見積は塗装面積がほぼ同じになり、塗装面積に大きな差がある業者は選定から外します。また、足場や養生面積が外壁の総面積と同じ場合も選定対象外になります。このような見積書は、いい加減な見積のため、後々トラブルになります。これから外壁塗装を検討している方は、見積金額と内容をしっかり確認することをオススメします。

新着情報

2016/04/07
耐用年数から選べるマンションの外壁塗装を追加しました。
2016/04/07
東京で外壁塗装を依頼するにあたって事前作業を追加しました。
2016/04/07
色々な素材の塗装から選んで外壁塗装できるを追加しました。
2016/04/07
外壁塗装は見積内容で注意が必要を追加しました。

Copyright © 2016 どうして必要なの?外壁塗装の必要性と行うタイミング All Rights Reserved.